風俗で至福の時間を過ごす

特別な存在だと分かってきた

自分の心の中で風俗が特別な存在だということが分かってきたんですよ。それまではそんなに意識していないというか、たまに遊ぶ程度で十分だって思っていたんですけど、たまに遊ぶために毎日のように風俗のポータルサイトをチェックしている自分がいるんです(笑)新しい女の子はいないかや、どこか良いイベントをしているお店はないか。自分が知らない、実は素晴らしいお店がどこかにあるんじゃないのかなど、自分でもいろんなことを想像しながらポータルサイトを見ているんです。これだけ時間をかけているってことは、それだけ風俗が自分の中で特別な存在になっているからこそと言っても良いんじゃないのかなって思うんですよ。むしろ特別な存在でなければ、ここまで手間暇かけるようなこともないんじゃないのかなって思いますし。毎日のようにちらっと確認して、良いなって思ったお店や女の子がいたらブックマークに入れて。そしていざ遊ぶ時にはブックマークから選ぶんです。

気付くことによって変わるんです

どれだけ風俗で満足感のある時間を過ごせるのかは、自分自身が風俗がどのような世界観なのかに気付けるのかどうかという点なんじゃないかなって思いますけどね。具体的に言えば、風俗嬢は女の子であって、自動でこちらを快感まで導いてくれる機械ではないんです。そこを忘れてはならないんじゃないかなって思いますよね。だから身勝手だったり高圧的な態度を取っていれば当たり前ですけど風俗嬢からは良い印象を持たれないし、それによって自分の満足度が下がってしまいますよね。でも女の子に対して配慮が出来ていれば、それだけ楽しい時間を満喫出来ると思うんです。これって風俗云々というよりも、人としてのコミュニケーションのぶぶんだと思うんですよね。決してそこまで難しい話ではないと思うんです。でも快感が混ざるから、どうしてもそこでいろいろなことを考えてしまうんです。でも風俗は、実際にはそこまで難しい話ではなくて、コミュニケーションなんです。